スクリュー加工 CAM 同時5軸から同時2軸加工に変更

マシニングセンターで、2軸押出機用のセグメントスクリュA軸加工で通常は同時4軸か5軸のパスになりますが、標準的なスクリュー加工では、A軸+X軸の同時2軸が理想ですが同時4軸、5軸では思いどうりにパスが出ません。

CADの3DモデルをCAM側で加工指示を面かエッジを指定しオプションでY軸固定の設定をしてもエラーになります。(詳細はCAMメーカーのサポートでお願いします)
A軸+X軸、同時2軸のパスでスクリュー加工方法はCAM機能での設定を使わず、CADでおこないます。(マシニングセンター NCフライス)

3DCADでモデリングの時に2D断面形状に0.1mm間隔に点を入れておきす。この状態で3D(立体化)にします長手方向にCAM側用パスが完成!0.1mm間隔(0.5mm程度でもok 仕上がり面はキレイです)の線がCAM側ではエッジになりY軸を固定にしてパスが可 能になります。

単純な発想方法でずが確実で 加工での仕上げ面は、マシニングセンターでの加工はエンドミルノーズRによりますが0.3~0.8mm程度で表面はきれいに仕上がります。(マシニングセンター NCフライス)

この方法が良い かは、分かりませんが試して見て下さい。 また別な方法では有料になりますがCAMメーカーにカスタマイズを依頼することで軸の制御が簡単になり3DCADデータをCAM側で編集なしで可能になり ます。依頼先はプログラムの拡張なので開発元になりますので問い合わせみてはいかがでしょうか。

マシニングセンターでのセグメントスクリュA軸加工で通常は同時4軸か5軸のパスになりますが、標準的なスクリュー加工はA軸+X軸の同時2軸が理想です が思いどうりにパスが出ません。CADの3DモデルをCAMで加工指示では面かエッジを指定しオプションでY軸固定の設定をしてもエラーになります。(詳 細はCAMメーカーのサポートでお願いします) A軸+X軸、同時2軸のパスでスクリュー加工方法はCAM機能での設定を使わず、CADでおこないます。

スポンサーリンク