Bluetoothマウスが途切れる問題

dynabook R734にBluetoothマウスを新たに購入したノートパソコンに接続して使用してみると、Bluetoothマウス接続が途切れる問題が生じて、そのたびに、Bluetoothのマウスの接続(ペアリング)の設定に入って再接続が必要になります。 あまりにも頻繁に途切れてしまうので、usb無線マウスに変えようか悩でしまう。

解決策をWeb検索してみると「Bluetoothの電源管理」と「Bluetoothネットワーク接続」で改善と思いきや dynabook R734に問題が有りメーカーサポートに問い合わせてみると、東芝のアプリケーションソフを全てアインストールして下さいの回答なので、とにかく信じて実行!したがためだった。

Bluetoothとは、一台以上のIT機器との間の無線通信のための技術として、コンピュータにキーボードやマウスを接続するには、usbやマザーボードのポートにケーブルを接続する必要がありますが、Bluetoothを利用すると、コンピュータとマウス、キーボードが接続されて、ケーブルなしでデータを送受信できようになります。

以前には、IR赤外線無線通信でpda palmや携帯電話、ノートパソコンの間でアドレス帳やデータを転送することもしたが、今では、Bluetoothが代替をしており、最近ではNFCのような技術も出てきています。

ノートパソコンのような場合、最近ウルトラブックなどの製品が多く出てくる、スリムなサイズのためにusbポートが一つ二つしかない状況で、Bluetooth内臓の製品は、ハブを必要なくしてくれ複数接続が可能になります。ただ問題も多くペアリングやPC内の設定の情報が少なく現在のバージョンが4.0まで上り徐々に改善がされていています。

話が戻りますが、色々と調べると「Atheros Bluetooth Filter Package」と「TOSHIBA Service Station」のアップデートを見つけたのでインストールしてみると、Bluetoothマウスは途切れますが自動で接続(ペアリング)してくれます。

スポンサーリンク