Tダイ解析でエラーにUSBメモリをフォーマットの必要性に

ワークステーションで3DCAD使用の一時バックアップ用 USBメモリ(64GB)フォーマットが必要になり、ファイルデータアクセス途中に突然速度が遅くなりました。フォーマットの必要で原因不明です、 現在の問題があるUSBメモリをコンピュータに接続して、デバイスマネージャで確認すると、ディスクドライブと大容量記憶装置として正常に機能しています。

フォーマット前のUSBメモリを使用してみると、コピー速度が遅くなったりあまり、ディスク容量が不足したり、ひどい場合には、最初からディスクの容量が表示されない現象が発生することがあります。USBメモリの故障ではなく、USB メモリのファームウェアの問題が発生した場合、症状と呼ばれ、実際のこのような問題を見てUSBメモリをコンピュータに接続して、デバイスマネージャで確認すると、ディスクドライブと大容量記憶装置として、通常のインストールされたことを確認することができます。

「メーカーの説明によると」以下・・・・・
USBを構成する部品の中には、コントローラと呼ばれるものがあります。PCに言えばCPU(中央処理装置)です。これUSBデバイスでは、MCUと呼びます。このコントローラでは、ファームウェアを利用する方法で速度を増大させ、高速処理が可能になります。当然のことながら、製品を購入する際にメーカーからファームウェアを含む初期化プログラムを初期化作業をしたので、処理速度が速くなります。通常のPCでフォーマットを行う場合は、ファームウェアも同様のフォーマットになって処理速度が遅くなることがあります。USBデバイスが速度が遅くとき メーカーから提供される初期化プログラムを使用してみて下さい。

その前に、USBメモリをNTFS方式にフォーマット後に押出機Tダイ解析プログラムを走らせて、ベンチマーク測定ソフトでUSB側データ転送速度を測定すると、そこそこの数字なのでしばらく様子を見ることにしました。

スポンサーリンク