スクリューとニーディングディスクの基本構成


リードスクリュー


各種リードと全長(厚み)を組み合わせで使用します。

正リード


リードが大きいと原料(樹脂)の「推進」力が大きく、リードが小さいと推進力が小さくなり、「分散」「分配」の混合性能は小程度になります。

逆リード

原料(樹脂)の流れを逆リードで抑えて背圧を発生します。分散・分配混合性能は中程度になります。

ニーディングディスク


ディスク角度(30°60°)・厚み などの種類が有りミキシング部に使用します。
また樹脂圧力を下げる為にニーディングディスクの後に逆リード部で圧力を受けていますので逆リードの組み合わせで圧力の調整をしています。

2条 3条 スクリューとニーディングディスク


通常は2条スクリュー・2条ニーディングディスクの組み合わせになります。

3条スクリュー・3条ニーディングディスクは剪断力が強いので必要時やコンパウンディングに使用します。

【浅溝スクリュー対策のお問い合わせについて・・・・・・】
古い2軸(同方向回転)でスクリュ改造などで2点の改良が必要です、お電話で対応いたします。

スポンサーリンク