2次元CADでスクリュー計算

5月頃に2次元CADで2軸スクリュー設計のお問い合わせがあり時間の都合で大変おそくなりました。昔のデータをひっぱり出すのも時間がかかりますので3DCADの2D(図面)機能から作成をしました。PDF資料は通常の2条リードスクリュ(20mm)になります。

a軸間 / Dスクリュ外径 / d谷径 / 詳細B チップクリアランス /  の寸法で断面 α と R の座標点と詳細A(長手方向断面)を2次元CAD機能で座標を求めていきます。この方法ですと難しい計算は必要なく表の数値は2d三面図と加工用に使用できます。(手順はサンプルDWGデータno.1~5を参考にして下さい。送信済み)

ブラウザでPDFが表示されない時は↓右側(□)の※新しいウィンドウで開くをクリック!

7月5日 2軸 噛み合いスクリュー干渉の確認 (お問い合わせ)
文献などでの計算方法で製作すると干渉する内容ですが計算自体は間違いではないです。断面からネジレ補正をしていないからです。

2次元CADで干渉チェック方法
・クリアランス±0で計算する
・dwgデータ(1条ディスク 2条ディスク 3条ディスク)サンプル
データーサンプル表にクリアランス±0の数字を入れ換えて下さい線が干渉しているので寸法で確認して補正をして下さい。左右断面のスクリューの頂点(top)位置になりますので一ヶ所の確認だけで良いです。

8月24日 PDF図面寸法内容を変更済み

スポンサーリンク