可変リード 完全噛合いスクリュー

2軸 同方向 2条ディスク 可変リード 完全噛合いスクリュー

特別な多軸機能や特殊な治具などは使わず通常のマシニングセンタで可変スクリュー加工が簡単に出来ます。(テーパー角付きでも可能)

ただ主軸は高速仕様になります。

使用エンドミルR1.5,R1 CAMのパスは3DCADモデリング工程手順を間違えなければ特別な設定は、必要がないです。

画像の右側より リード30 から左方向に可変しながら5mmです。

可変リードスクリューを試用してみると専門的な分析はしておりませんが樹脂圧による背圧の増幅や其の逆に開放などの調整は驚きの連続です。

8月中頃に3種3層 スパイラルダイの仮組立が始まりますのでスパイラル部のテーパー可変リード画像を公開予定です!

スポンサーリンク