スーパーハイトルクギアボックス 20mm 2軸 同方向回転

Twin Screw Extruder Add comments

20mm 2軸押出 同方向回転 スーパーハイトルク型 ギアボックスは低速回転の高トルクに威力を発揮いたします。

新型のギアボックスはギアシャフトが無いので、はすば歯車から標準規格品のスパーギアに変更し後部に移動しスラスト受け構造は テーパーの内径と外径のテーパー形状の食込みと反発作用を利用した構造で多段タンデム式の分解図を参照でわかるように 出力ギアシャフトに交互にスラストベアリンを取り付けます。

当然2軸なので軸間の制限で各ベアリングサイズとギアシャフトに限界があります。

多段タンデム式では不可能なスーパーハイトルク新型ギアボックスです。

画像は20mm 2軸押出機 用 スーパーハイトルク型ギアボックス(減機)
100(W)×270(D)×150(H)全長は入力シャフト先端から取り付けシャフト先端まです。

構造が単純なのでメンテナンスの調整が簡単でCADでの解析が可能でスケールアップやスケールダウンが簡単に出来ます。

スーパーハイトルク型ギアBOXは15年前から頭の中では考えていましたが時間がなく実現に至りませんでした。

構造的にシンプルですが試作機を作製する前段階でCAD解析によるパラメリックシミュレーション可能なので効率的に3Dデータを基に検討することが出来ました。

旧型20mm 2軸ギアBOX本体と多段タンデム式スラストベアリングユニット資料

右画像は 旧型 多段タンデム式スラストベアリングユニットの3Dカットモデルで小型2軸押出機でよく使用する構造です。

ギアボックスを小型化には良いのですが低速回転やハイトルクには不向きで定期的に回転プレートと固定プレートの調整が必要になります。多段式ユニットのスラストを軽減するために入力ギアと出力ギアを はすば歯車を使用することで、スラスト荷重を押出方向にしていす。スパーギアではスラストベアリングに直接スラスト荷重がかかるので軸間の関係で注意が必要です。

同型20mm2軸スーパーハイトルクギアボックスと旧ギアボックス(多段式)との比較で面積で1/2以下になっています。
2軸 ギアボックス比較

スポンサーリンク