Bluetoothイヤホンは高音質で便利すぎ

Bluetooth(ブルートゥース)イヤホンは高音質でマイクとコントローラが搭載されているので電話やメッセンジャーアプリを介して通話や音楽を再生して停止することができます。一般的な規格なのでiPhone、iPadは、スマートフォン、タブレット、パソコン、など使い道が多様である。

一年前に玉掛けとユニック車の資格を取り個人的にバイクやw124のパーツを引き取りのため練習をしています。電話や音楽を無線でないか色々と探したところ、長所である本体接続ケーブルのない快適と自由さを全身で感じることができる高音質のBluetoothイヤホン、マルチペアリング機能でスマートフォンやタブレット PC の同時認識 =マルチペアリング(マルチポイント)は、Bluetoothイヤホンの使用に利便性を加える。 マルチペアリングは、複数のスマート機器を同時に接続することができる機能である。

有線や他のBluetoothイヤホンは、スマートフォンと1対1で接続されているのに対し、マルチペアリングモデルは、2機の同時接続される。例えばアイパッドで音楽を鑑賞してネットサーフィン中に、iPhoneで電話がきたら通話ボタンを押すだけの簡単なジェスチャーだけでアイパッドの音楽が止まり、iPhoneの電話を受けることができるように自動的転換される。 通話が終了したら、やはり自動的にアイパッド音楽が再生されるので別にペアリングを行う必要がない。

欠点は、充電が必要で切れてしまうと使えなくなってしまう事と、初期設定がありますが、慣れてしまえ使い勝手の良い高音質であるBluetoothイヤホンは手放せません。

スポンサーリンク

Bluetoothマウスが途切れる問題

dynabook R734にBluetoothマウスを新たに購入したノートパソコンに接続して使用してみると、Bluetoothマウス接続が途切れる問題が生じて、そのたびに、Bluetoothのマウスの接続(ペアリング)の設定に入って再接続が必要になります。 あまりにも頻繁に途切れてしまうので、usb無線マウスに変えようか悩でしまう。

解決策をWeb検索してみると「Bluetoothの電源管理」と「Bluetoothネットワーク接続」で改善と思いきや dynabook R734に問題が有りメーカーサポートに問い合わせてみると、東芝のアプリケーションソフを全てアインストールして下さいの回答なので、とにかく信じて実行!したがためだった。

Bluetoothとは、一台以上のIT機器との間の無線通信のための技術として、コンピュータにキーボードやマウスを接続するには、usbやマザーボードのポートにケーブルを接続する必要がありますが、Bluetoothを利用すると、コンピュータとマウス、キーボードが接続されて、ケーブルなしでデータを送受信できようになります。

以前には、IR赤外線無線通信でpda palmや携帯電話、ノートパソコンの間でアドレス帳やデータを転送することもしたが、今では、Bluetoothが代替をしており、最近ではNFCのような技術も出てきています。

ノートパソコンのような場合、最近ウルトラブックなどの製品が多く出てくる、スリムなサイズのためにusbポートが一つ二つしかない状況で、Bluetooth内臓の製品は、ハブを必要なくしてくれ複数接続が可能になります。ただ問題も多くペアリングやPC内の設定の情報が少なく現在のバージョンが4.0まで上り徐々に改善がされていています。

話が戻りますが、色々と調べると「Atheros Bluetooth Filter Package」と「Atheros Bluetooth Filter Package」のアップデートを見つけたのでインストールしてみると、Bluetoothマウスは途切れますが自動で接続(ペアリング)してくれます。

スポンサーリンク

Tダイ解析でエラーにUSBメモリをフォーマットの必要性に

ワークステーションで3DCAD使用の一時バックアップ用 USBメモリ(64GB)フォーマットが必要になり、ファイルデータアクセス途中に突然速度が遅くなりました。フォーマットの必要で原因不明です、 現在の問題があるUSBメモリをコンピュータに接続して、デバイスマネージャで確認すると、ディスクドライブと大容量記憶装置として正常に機能しています。

フォーマット前のUSBメモリを使用してみると、コピー速度が遅くなったりあまり、ディスク容量が不足したり、ひどい場合には、最初からディスクの容量が表示されない現象が発生することがあります。USBメモリの故障ではなく、USB メモリのファームウェアの問題が発生した場合、症状と呼ばれ、実際のこのような問題を見てUSBメモリをコンピュータに接続して、デバイスマネージャで確認すると、ディスクドライブと大容量記憶装置として、通常のインストールされたことを確認することができます。

「メーカーの説明によると」以下・・・・・
USBを構成する部品の中には、コントローラと呼ばれるものがあります。PCに言えばCPU(中央処理装置)です。これUSBデバイスでは、MCUと呼びます。このコントローラでは、ファームウェアを利用する方法で速度を増大させ、高速処理が可能になります。当然のことながら、製品を購入する際にメーカーからファームウェアを含む初期化プログラムを初期化作業をしたので、処理速度が速くなります。通常のPCでフォーマットを行う場合は、ファームウェアも同様のフォーマットになって処理速度が遅くなることがあります。USBデバイスが速度が遅くとき メーカーから提供される初期化プログラムを使用してみて下さい。

その前に、USBメモリをNTFS方式にフォーマット後に押出機Tダイ解析プログラムを走らせて、ベンチマーク測定ソフトでUSB側データ転送速度を測定すると、そこそこの数字なのでしばらく様子を見ることにしました。

スポンサーリンク

1 2 3 4 5 6 13